Departure

海外生活の心得

キプロスからおはようございます。日本は夕方くらいですね。皆さん、お盆休みはいかがでしたか?帰省しましたか?それとも、どこかへ旅行へ行きましたか?僕の方は、お盆も関係なく通常営業でした(苦笑)日本の夏っぽいことと言えば、いつも以上に甲子園野球のニュースに注目していたくらいです。地元の常総学院ベスト8おめでとう!次こそ、優勝だ!

今回は、留学にも海外就職にも共通して関わってくる、「海外生活での心得」みたいなものをざっくりまとめてみます。各論は後日やります(たぶん)。「海外生活をするうえで大切なことはなんだろう?」と少しブインレストームしてみたら以下の4つが出てきました。もっと時間を使えば、アイデアはもっと出てくるはず。。。

 

ビザ(就労ビザ・学生ビザetc)

留学するにせよ、海外就職・海外転職するにせよ、最も重要なファクターが「ビザ」です。過去の先人達の功績や努力のお陰で、僕たち日本人は大概の国にはビザなしで3カ月以内の滞在はできます。しかし、現地で学校に通うためや仕事に就くためには、ビザが必須です。

留学ビザは比較的取得しやすいですが、就労ビザは少し複雑な事情が入り組んでいます。それには、現地の労働市場にどの程度影響を与えるか、ということが関わっています。基本的に、留学生は留学期間が終われば国元に帰るので現地の労働市場に何ら影響を与えないけれど、就労ビザ希望者は、現地の人々の雇用に大きく影響を与えます。そのため、海外就職・転職希望の方は、越えなければいけないハードルが多くなることを意識しておいてください。

 

当座の生活費

海外で生活を始める当初は、皆さんが思っている以上に出費が掛かります。食費、生活必需品、アパート契約、それに付随する光熱費・インターネット契約、携帯電話などなど、です。現地の生活費2~3ヵ月分くらいを用意した方が良いと思われます。現地通貨を用意しなくても、銀行口座に預金しておいて、現地のATMから引き出すこともできますよ。VISAやマスターカードは基本的に使えます。

 

アパート/マンション契約

アパートの契約慣習は、国によって様々です。例えば、中国では家賃とは別に、敷金(デポジット)として家賃3ヵ月分を支払いました(現金で!)。一方、今生活しているキプロスでは、デポジットは1ヵ月分だけで済みました。アパート契約に関しては、個々人の交渉能力によって有利な条件を引き出せるかもしれないので、呑めない条件の場合は交渉してみる価値アリです。

 

ネットワーク作り

現地で生活するに際して、やっぱり友達は大切ですよね。留学では、クラスメイト、寮の同居人、日本人留学生ネットワーク、日本語コミュニティなどを通して友達を増やすことができると思います。海外就職の場合、オフィスの同僚以外の友人をどうやって増やすかが難しいところですね。この点は、実際、僕自身も今抱えているハードルです(苦笑)。会社の同僚たちはとても楽しい人達なので文句は全くないんですが、やっぱり多面的な交流を築きたいですよね。僕自身の友達作りについて、レポートしていくのも面白そう(笑)

ざっくりと紹介しただけで深くは掘り下げませんでしたが、機会があれば各項目について詳細に書いてみたいですね(自分自身のためにもいい学びだと思います)。もし、「こういうことが知りたい」「このことについて書いてくれ」という希望があれば、フェイスブックなりコメントで連絡ください!

ではまた。

Photo: Some rights reserved by Naomi Ibuki, flickr

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中