yogurt3

キプロスのヨーグルトバー

5月半ばになり、だんだんと日が長くなってきました。オフィスを出る午後6時半くらいはまだ日が高く、8時くらいになってようやく夕焼けになってきます。最近は、仕事終わりに海岸沿いの道をランニングするのが愉しみです。緩い海風に当たって沈む太陽を眺めながら汗を流すのは、最高のリフレッシュですね。こんな感じで、キプロスは夏の色を帯びてきているんですが、もう1つ夏の風物詩として忘れていけないものがあります。ヨーグルトバーです。

 

日本では時々コンビ二で見かける程度の存在である、フローズンヨーグルト。ここキプロスでは、至る所に専門店があります。ワゴンだったりスタンドだったりカフェだったり、いろんなヨーグルトバーがあります。夏が近づくにつれて、営業を再開するヨーグルトバーの数も、雨後の竹の子のようにドンドン増えてきています。先週末、近所のヨーグルトバーに、日中のランニング後立ち寄ってみました。

yogurt1

店内に足を踏み入れると、まずカラフルでポップな内装に目を奪われました。スタッフの女の子に注文の仕方を聞くと、「壁についているサーバーから好きな味のフローズンヨーグルトをカップに好きなだけ入れて、トッピングを追加したら計量すればOK」とのこと。カップケースの脇に、丁寧に手順が書いてありました。

yogurt2

僕は今回は、シンプルに、バニラフレーバーのヨーグルトにナッツをトッピング。

yogurt3

フローズンヨーグルトの食感は、トルコアイスにシャーベットっぽさを足したような感じです。後味もしつこくなくとてもさっぱりしていて清涼感があります。これからの熱い季節にぴったりでしょうね、特にビーチで遊んだ後なら、もっと美味しく感じるかも。また1つ楽しみが増えました。

Photos: Some rights reserved by Hiroyuki Murakami

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中