pros_cons

日本の良いところ悪いところ

日本での生活が2ヵ月目中盤に差し掛かり生活にも慣れてきました。面白いことに、日本で暮らしている自分という存在を、どこか映画の登場人物のような、ガラスを隔てた向こう側の人間として観察しているもう一人の自分を意識のどこかに感じます。おそらく、それは海外での生活を楽しんできた自分なんだと思います。

 

そんな感覚を楽しみつつ生活していると、海外での暮らしと日本での暮らしの些細な点を比較してしまいます。今回は比較した結果見えてきた、日本の良いところと悪いところを綴ってみます。

 

良いところ

 

食事が美味しい

 

海外の食事も滞在当初は非常に新鮮で美味しく感じるんですが(マズいことに定評のあるイギリスの料理も最初は案外イケますw)、流石に長期滞在してくると飽きが出てきます。結果として、自炊に行きつくことになります。日本の食事(日本料理に限らず)はやはり自分の口に合うと感じます。味付けも濃すぎず薄すぎず丁度いいです。オシャレなお店が多くて散策するのも楽しいですね。少し料金設定が高めなのが難点ですが。。。

 

接客の素晴らしさ

 

海外でも評判になっていることをご存知の方も多いと思いますが、日本の客対応は世界一です。これは断言できます。例えば、スーパーやコンビニのレジでのやり取りを挙げても明白です。ガムやタバコを吸いながら対応されることは一度もないし、携帯をいじりながら仕事している人もまだ見たことがありません(携帯いじってる店員は海外では結構普通な光景です)。

 

交通機関のダイヤが正確

 

これも日本が誇るべき点でしょう。ほぼ99%で時間通りに運行されていますよね。素晴らしいです。駅員や乗務員がたかだか5分くらいの遅延で謝罪しているのを聞いて驚愕しました。「ストライキすんぞこの野郎!」なイギリスの横柄な駅員とはえらい違いですね。そういえば、キプロスには時刻表すらありませんでした。だから、何分待てばいいのかわからない状況でした(苦笑)。バス停でお互いに何分くらい待ってるか確認し合って、バスが来るおおよその時間を把握する始末です。

 

他に列挙だけしてみると、

 

自動販売機がどこにでもある、コンビニが24時間営業、娯楽が多い、温泉、ショッピングし甲斐がある、比較的道にゴミが落ちてない、

 

という具合でしょうか。翻って悪い点はというと。。。

 

 

 

悪いところ

 

アパート/マンションに家電・家具が付いていない

 

今回部屋探しをして心から痛感しました。住環境に関しては海外が良いと。例えば、キプロスで僕が住んでたフラットは、2LDKで500ユーロ以下でした。もちろん、家具と家電付きです。自分で持ち込んだり調達したのは、服とか本とかその他の細かなものだけでした。あと、海外のフラットは天井が高いですね。欧米人が日本人より全体的に身長が高いのも理由の一つでしょうけど、圧迫感というか閉塞感を感じないんですよね、天井が高いと。住環境は本気で見習ってほしい限りです。

 

本当の意味でのフリーWifi環境が少ない

 

フリーWifiと謳いながら実はスマートフォンの国内キャリア限定だったり、Wifi環境を開放していないカフェテリアが多いと感じます。これでも以前に比べれば増えたようですが、まだまだ不十分。海外では、カフェの軒先の黒板とかにWifi AvailableやらFree Wifiの文言とともにWifiパスワードが提示されているのが日常の光景です。それと比べるとちょっと不便ですよね。特に、海外からの観光客はそう感じることでしょう。2020年に東京でオリンピックやることに決まったわけだから、これは改善されるべき点ですね。SIMフリー制度も2015年に実施するらしいので併せて期待しています。

 

笑顔が少ない

 

キプロスという陽気なお国柄な場所から戻ってきたから余計に気に掛かるのだと思いますが、街全体に笑顔が足りないというか覇気がないというか。キプロスは去年の春に預金封鎖という憂き目に遭って辛い時期を経験したわけですが、そんな状況でも人々はすごく笑顔に溢れていたのが記憶に残っています。端々から、「人生を謳歌しよう、人生が楽しくてしようがない」という空気が漂っていました。彼らのそういう姿勢には僕自身、非常に感化されました。日本は、みんな働き過ぎて疲れているということが一目見て伝わってきます。ストレスが溜まりやすい国ですからね、日本は。。。

 

他に悪い点を挙げるならば、

 

野菜が高い、海外ビールが高い、スポーツバーが少ないうえに値段が比較的高い、自転車が危ない、自転車道路がない、

 

みたいな感じです。特に、自転車。避けてほしかったら声を掛けるなりべル鳴らすなりしてくれ。僕はエスパーじゃないし、後ろに目は付いてないぜ。空気を読むにも限度がある。

 

そうだ、書いてて気づいたけど、お互いに空気を読むこと読んでもらうことに甘え過ぎてないか、日本?たぶん、僕が空気を読む感覚がまだ鈍いからかもしれないけど、言うべきことははっきり言おうじゃないか、日本(全部言えとはもちろん言わないさ)。言外の雰囲気から察するべきシーンは当然日本だろうが海外だろうがあるけれど、意見を表明しなさすぎやしないかい?

 

なんか、最後は愚痴っぽくなってしまったw

 

結局、日本、海外それぞれに良いところ悪いところ色々あるけれど、どこにいようが可愛い女の子や綺麗な女性が存在するっていうのは両方に共通する良いところ。これは真理。

 

Photo: Some rights reserved by Jessica Quinn

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中