Spotifyのアカウントエラー解決! 問題なく楽しめてます!

こんにちは。

 

先日、Spotifyログインの際にエラーが発生したということをブログでお伝えしました。

9月末に日本上陸したSpotifyから招待コードが届いたのでさっそく登録してみたが、トラブル発生!

 

ご心配をお掛けしましたが、先週末にエラーが解決し現在は快適にSpotifyを海外で生活していた時のように楽しめています。
Spotifyでどんなことができるかをご紹介する前に、まずエラー解決の経緯を軽く触れさせてください。

 

Spotify Japan公式からTwitter経由でコンタクトが

上のブログ記事を書いた後は気長に返信を待っていたのですが(海外生活の長さのためか、カスタマーサポートで待たされるのには慣れましたw)、
驚いたことに先週金曜日Spotify Japan公式アカウントからTwitterでリプライをもらいました。

spotify_tweet

Twitterのダイレクトメールでやりとりをして、私のSpotifyアカウントをキプロスから日本に変更してもらうことに!
下記はメールやり取りの一部になります。

spotify_dm

 

さっそくSpotifyを楽しもう!

アカウントの国設定を「日本」に戻してもらったので、さっそくSpotifyにログインしてみます。
因みに、私はfacebookアカウントと連動させる形でログインしています。

spotify_04

 

下の画像が、Spotifyのトップ画面のキャプチャです。
左側にメニューパネル、中央におすすめのプレイリスト、チャート、ジャンル、新着などの切り替えタイル、
右側にはfacebookの友達がSpotifyで聴いている音楽が表示されています。

spotify_top

 

キプロスで生活していた頃から2年ブランクがあり、少しおっかなびっくりで触っていましたが、次第に好きな音楽を探していくのが楽しくなってきました(笑)
ここ数日、PC作業中にSpotifyで音楽聴いたり、外出中にSpotifyアプリを使ってみて改めてその良さを実感しました。

 

ここからは実際に使ってみて感じたSpotifyの良さを挙げてみようと思います。

 

プレイリストの出来がよい

自分が好きなアーティストの曲をマイリストに保存していくのも楽しいのですが、「手っ取り早くSpotifyで音楽が楽しみたい!」という方には、公開されているプレイリストがおすすめです。
Spotify公式のプレイリストや世界中のSpotifyユーザーが公開しているプレイリストは、曲のつなぎが心地良く、想定されたシーンにピッタリ合うと感じました。

 

トップ画面でもフィーチャーされている「Tokyo Rising」は、SpotifyがJ-Popなど「日本の音楽もどんどん取り扱っていくぞ!」という気概が伝わってきてとても良いです。

spotify_tokyorising

 

昨日(2016年10月11日)に他界された、川島道行氏が在籍していたBoom Boom Satellitesのラスト音源の1つ、
「Lay Your Hands On Me」をプレイリストの最初に持ってくるなんて、最高に気が利いているなぁ。

 

「ジャンル&気分」の便利さ

Spotifyにはロックやポップなどの音楽ジャンルとは違う切り口の音楽プレイリストカテゴリが用意されています。
それが「気分」です。

 

雨の日に聴きたい音楽、
秋の季節を感じる音楽、
運動中にピッタリな音楽

 

などなど様々な”気分”に合うプレイリストが公開されています。
例えば、プレイリスト「秋の気配」なんてどうでしょう?

spotify_autumn

 

森山直太朗、The 1975、今井美樹、Earth, Wind & Fireなど洋邦新旧織り交ぜてちょっとしっとりする曲がまとまっています。

 

登録曲数が豊富。もちろん邦楽も!

Spotifyについての前回記事で触れたとおり、Spotifyには約4,000万曲以上の楽曲が登録されています。

 

曲の探し方は簡単。曲名やアーティスト名を検索窓に入力するだけです。
例として、超有名バンドのThe Beatles(ビートルズ)を検索してみましょう。

spotify_search

 

予測結果の欄に、アーティスト名から人気曲、アルバム名までが表示されます。
アーティストのトップページはこんな感じです。

spotify_beatles

最新ドキュメンタリー映画である「EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」の公開に併せてリリースされた企画盤もすでに配信されています。
この更新の速さもSpotifyの良いところです。

画面構成に注目すると、Spotifyユーザーによる人気曲、そして関連アーティストが表示されています。
人気曲の横の数字はおそらく再生数ではないでしょうか。
ビートルズ関連アーティストのラインナップとして、メンバーであるジョン・レノン、ポール・マッカートニー、
そして同時期に人気を二分したローリング・ストーンズが出ています。これは的確ですね!

 

アーティストページでカーソルをスクロールしていくと、リリースされたアルバム毎に楽曲が表示されます。
新しいアルバムから古いアルバムへの順番でリスト化されています。

spotify_beatles2

 

日本でサービス開始をするわけですから、洋楽だけでなく当然邦楽アーティストもしっかりと配信されています。

例えば、ASIAN KUNG-FU GENERATION。

spotify_asiankungfu

 

そして、Monkey Majik。

spotify_monkeymajik

 

これ以外にもたくさんJ-PopやJ-Rockのアーティストが新しく追加されています。
Mr. ChildrenやBump of Childrenなどトイズファクトリー系のアーティストが追加されていないのは、おそらくレーベルとSpotifyが現在交渉中ということなのかもしれませんね。
これから続々とアーティストが追加されるのを楽しみに待ちましょう!

 

プレミアムサービスがおすすめ

Spotifyには、無料で使える「Freeプラン」と月々980円の「Premiumプラン」が用意されています。

spotify_plan

上の画像でまとまっている通り、Freeプランでも問題なく音楽は聞き放題なのですが、5~7曲に1回の割合で広告が流れてしまいます。
そして、楽曲のスキップ(曲送り)もできません。一方、Premiumプランでは曲の合間の広告がなくなり、
スキップ機能、高音質再生が利用できる、等のメリットがあります。個人的にも最も注目したいのは、オフライン再生。

オフライン機能を使えば、ネット環境がなくてもiPhoneなどスマホでいつでもどこでもSpotifyで保存した曲を楽しめます。
それに、Premiumプランなら国を超えてもSpotifyが使えるんです
既存の音楽ストリーミングサービスは国内利用だけに限られていますから、これは大きな違いですよね!

 

海外出張がしばしばあるので、私は早速Premiumにアップグレードしました。
これから思う存分使い尽くしていこうと思います。

 

Photo: Some rights reserved by abstrkt.ch

 

海外FXやるならここがおすすめ
■ビットコイン入金が可能 PivotMarkets
PivotMarkets 口座開設

■国内FX並みのスプレッドと圧倒的約定環境 TradersTrust
TradersTrust 口座開設

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中