「トランプ大統領」を気にするより、目の前のことにフォーカスしよう

こんにちは。

 

11/8から11/9にかけてアメリカ大統領選挙の投開票が行われました。
事前予想とは反して、共和党候補のドナルド・トランプ氏が接戦を制して、次期アメリカ大統領となりました。

 

6月のBrexit(ブレクジット)といい、今年はセンセーショナルな出来事が続いている印象があります。

 

SNS、インターネットメディア、既存メディアでは、トランプ氏の勝利について非常に悲観的なコメントや意見が散見しています。

 

今回のアメリカ大統領選挙期間中、共和党候補者指名争いから本選に至るまで、トランプ氏の過激な言動は目に余るものでした。
在日米軍の撤退を仄めかしていたので、今後について不安を覚えるのは無理もありません。

 

ですが、

 

この世の終わりだ!
核ミサイルのスイッチが押される!

 

と変にヒステリックな反応をする必要はないと思います。

 

トランプ氏の公約は確かにラディカルな変化のオンパレードですが、これらすべてが必ず実現されるわけではないでしょう。

policy comparison

(出展:「トランプ大統領」誕生で我々の暮らしはどう変わる?|BLOGOS」

なぜなら、議会で法案化されないと現実にはならないからです。
今回の大統領選で共和党がアメリカ議会の上下両院で過半数を占めましたが、
共和党議員は政策について共和党政策綱領にある程度縛られます。

 

そのため、共和党議員がトランプ氏の公約・提案に全て賛成するかというと、
それは条件付きになるかと思われます(共和党綱領に合致していれば賛成)。

 

トランプ政権の誕生で日常生活に直接的な影響が生じるアメリカ国民ならいざ知らず、
私たち日本人が現段階で自暴自棄になる必要はないはず。

 

そんなことで悩むくらいなら、日々の時分の日常に集中した方が建設的なのではないでしょうか。
この混乱期に乗じて、ビットコイン、FX相場、ゴールド、株式などに資産を少し振り分けてみるのも一興です(私はそうしています)。

 

何が言いたいのかというと、

 

あまり悲観的になっても良いことないよ、
物事はなるようにしかならないのだから、無駄にストレス抱えないで粛々と今やるべきことにフォーカスしていこうよ、

 

ということです。

 

ここ1.2日、大統領選を受けて周囲が不必要にネガティブになっていることに違和感を覚えたので
今回筆を取ってみた次第です。

 

私が使っているビットコインウォレットはこちら
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

Photo: Some rights reserved by Tony Webster

 

海外FXやるならここがおすすめ
■ビットコイン入金が可能 PivotMarkets
PivotMarkets 口座開設

■国内FX並みのスプレッドと圧倒的約定環境 TradersTrust
TradersTrust 口座開設

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中