決断に迷ったら、「どっちが面白そうか?」で選んでみる

 

生きていることは、日々、決断と選択の連続です。
「ランチに何を食べるか?」というカジュアルな選択があれば、「今の会社に残るか?それとも転職するか_」という人生にある程度影響を与える重要なシチュエーションもあります。

 

選択が重要であればあるほど、決断をすることに恐れ迷いや出てきます。

 

「この決断で良いのだろうか?」
「この決断をしたことを、将来振り返った時に後悔しないだろうか?」

 

私を含め、多くの人がそういう気持ちを持つでしょう。

 

そうしてできるだけ決断を先延ばしにするんですが、最終的には決断をしなければならなくなるときがやってくるんですよね。。

 

そういう時、私がよく採るアプローチとしておすすめしたいものが一つあります。
それは、

 

選択肢を絞りきったのにまだ決断に迷ったら、刺激的な(面白そうな)選択肢を選ぶ

 

というものです。

 

自分の人生を「自分が主役の映画/ドラマ/漫画」というように見ることが、このアプローチのカギです。
映画とかドラマって、登場人物たちの人生の展開がとても劇的です(ハッピーエンドだけじゃなく、バッドエンドもあるけれど)。

 

だからこそ、私たちはそこに描かれているストーリーに惹きこまれて勇気づけられたり感動したりするのでしょう。

 

映画の中の登場人物たちは険しい道を進み、難しいチャレンジをしていきます。
挫折や試練を乗り越えて、最終的には大きな成功を掴むわけです。

 

「こういう生き方を、自分の人生にも取り入れていこう。」と決めたのは、2010年のイギリス留学がきっかけでした。

 

当時いた会社が解散になり今後のプランが白紙になったとき、私は紆余曲折あって留学を決断しました。
当時は、「普通の社会人の道からドロップアウトしたんだ」と感じたものでした。

 

一旦「普通のレール」を外れたわけだから、これから迷った時は「やりたい」「面白そう」と感じたものを選ぼう

 

留学を実現させて以来、私はそういう考えを指針にして決断をしてきました。

 

その結果、上海で仕事をして、キプロスで仕事をして、日本法人立ち上げのために帰国して、そして今の職場に出会って、、という道を歩んできました。
大変なこと(例えば、尖閣問題で日中関係が悪化したとき、労働ビザの更新が頓挫したり)もありましたが、今、楽しく生活できているので、このやり方で生きてきて私は満足しています。

 

現在アメリカでDrivemodeというベンチャー企業を経営している古賀洋吉さんが、数年前、自身のブログで「ドラクエ人生論」という考えを披露して話題になりました。

 

「ドラゴンクエストの中で、勇者たちは経験値とゴールドを稼いで、レベル上げして装備を整えてボスに挑む。ボスを倒したら次の大陸に移動する。現実の人生でも、このアプローチを採りいれよう。」

 

古賀氏の記事の内容はこんな感じで、留学中に彼のブログと出会ったとき、私は非常に勇気づけられました。
非常に読み応えのある記事ですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

 

険しい道や人と違う道を行くのは不安がいっぱいですが、でも辿ってきた道を振り返ってみれば、自分がやってきたことに誇りを持てるのは間違いありません。
何か、みなさんの役に立てばと思い、書いてみました。

 

Photo: Some rights reserved by I_yudai

 

ビットコインで入金できるFX会社はこちら
■クイック口座開設でストレスフリー BigBoss
BigBoss 口座開設

■国内FX並みのスプレッドと圧倒的約定環境 TradersTrust
TradersTrust 口座開設

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中