FXブローカーもIBも信頼性と安心が大事ということ

こんにちは。

 

私がFXの世界に足を踏み入れて早8年近くが経ちます。この8年の間に多くのことを見て、聞いて、体験してきました。

 

海外FX界隈のニュースを日々チェックする中で、ここ直近で気になったのはGallant Capital(ギャラントキャピタル)の倒産です。

 

Breaking: Gallant Capital Markets Files for Bankruptcy Protection|Finance Magnates

GCMFX posts bankruptcy reasons, which tell just half the story|LeapRate

 

2,3年前まで日本人トレーダーを受け入れていたGallant Capital。当時はレバレッジ1000倍という点がとてもユニークだったのを覚えています。
そんなGallantが資金の焦げ付きで倒産しました。昨年、ニュージーランドの投資会社WSM Investmentsに14.5億ドルで買収されたのですが、キャッシュフローは支援してもらえていなかったのでしょうか。

 

海外FX業界は一貫して、ブローカーもIBもアフィリエイトも、入れ替わりが非常に激しい業界です。
今回ご紹介したGallantのケースはそれほどショッキングではありませんが、今年2月にFXCMがアメリカ市場撤退を決めたニュースは業界内外で大きな爪痕を残しました。
これら2社はメディアに出るようなある程度名の通ったブローカーですが、メディアが取り上げない倒産話や撤退場内はもっと多いでしょうね。

 

FX業界の新陳代謝の活発さを鑑みると、これだけ激しい業界の荒波を生き抜いてきた会社への信頼度がますます高まってきます。

 

信頼できる海外FX業者とは

日本人トレーダーへの営業年数の長さでいうと、FXDDがダントツなのですが、正直今のFXDDは全盛期の面影はありません。
スイスフランショックが完全にDDをダメにしてしまいましたね。「FXDD」ブランドの力は今も絶大なのですが、
ニューヨーク・マンハッタンのグラウンドゼロ隣りの本社オフィスを売ったそうで、弱体化は確実にしていますね。

 

活動年数が長くてサービスも良いのは、XMとFxProだと私は思います。

 

動画マニュアル、日本語ニュース動画&ウェビナー、文字通りの24時間日本語サポートなど、
本格的な日本人向けサービスを業界で初めて完璧な形でもたらしたのはXMですね。そしてキャンペーンが本当に効果的。

 

口座開設すれば入金しなくても3,000円がもらえるのでちょうど良い練習になるし、トレードごとに付与されるXMP(XMポイント)は証拠金として換金できて、長くトレードを楽しめます。
私自身、XMPにはロスカット回避の証拠金として何度もお世話になりました。

 

キャンペーンは無いけれど取引環境の良さで評判が非常に高いのが、FxProです。
2006年のサービス開始以来ずっとSTP方式でインターバンク直結で運営されているのは安心材料になります。
取引ツールのcTrader、MT5では、株式投資と同じく板情報を見ながらトレードできるので、自分の注文がどのように執行されるか一目で分かります。

 

取引環境に重きを置いているので、四半期ごとにスリッページ統計を公表し、改善に努めているのも好感が持てます。

2016年第4四半期スリッページ統計|FxPro

 

信頼できるIB・紹介業者とは

「海外FX」で検索すると、比較サイト、キャッシュバックサイト、紹介サイトがたくさん出てきます。
海外FXブローカーで仕事していた頃は多くのサイトにコンタクトを取っていましたが、当時と今では検索結果に出てくるサイトは様変わりしていますね。
IBの世界も移り変わりが激しいです。

 

そんな中で変わらず大手紹介サイトとして君臨しているのは、海外FXお役立ちガイドFXPLUS(FXプラス)ファイナルキャッシュバックの3サイトですね。

 

ファイナルキャッシュバックは紹介FX業者数が多い点、取引すればするほどキャッシュバックが増える点が魅力ですね。
でも、このリベート制がちょっとネックで、5,000円とか10,000円とかまとまった金額のキャッシュバックを受けるためには、かなりの取引量をこなさないといけません。

 

例えば、XMだと10万通貨に対して6ドルのリベート率です。
1回のトレードで0.05lot(5,000通貨)くらいのサイズが大きく価格変動しても安全に持てる大きさなので、これを例にリベートを計算してみると、

 

5,000通貨×600円÷10万通貨=3円

 

つまり、1回のトレードでもらえるリベートはたった3円です。5,000円や10,000円への道のりはなかなか厳しいです。
やはり、最初にまとまった金額の口座開設キャッシュバックがもらえる、海外FXお役立ちガイドとFXPLUSがよさそうですね。
同じく、XMの口座開設キャッシュバックを比較してみると、

 

・海外FXお役立ちガイド:10万円入金&30万通貨取引⇒現金10,000円 or ビットコイン13,000円分
・FXプラス:10万円入金&100万通貨取引(ただし5分以上保有)⇒現金10,000円

 

春の口座開設キャンペーン|海外FXお役立ちガイド
新規口座開設キャンペーン|FXPLUS海外FXお役立ちガイド

 

キャッシュバック条件が達成しやすく、ビットコインでもらえば3,000円お得なので、海外FXお役立ちガイドに軍配が上がりました。
キャッシュバック条件が厳しいだけでなく、実はFXPLUSには昔からあまり良い評判を聞かないこともあり、正直おすすめはできないです(FXプラスのウェブサイトのデザインは好みなんですが)。

 

その昔、海外FXブローカーで働いていた頃にFXプラスが起こしたこととして挙げてみると、

 

・FX業者のドメイン取得(.jpドメインや.co.jpドメイン)
・FX業者のブランド名でのリスティング広告出稿(fxsignup.comドメインでの出稿)
・他のアフィリエイトサイトや紹介サイトへの敵対行為(htmlデザインが似ているなどのクレーム)

 

などを、実際間近で見聞きしていました。海外FX業者名での広告出稿は契約書で違反条項に該当する大問題なんですけどね。。
どうやら、現在は海外FXお役立ちガイドをカモフラージュし、ネットユーザーを誘導しようとしているようです。

 

【重要】「海外FXお役立ちガイド」を装った偽装サイトにご注意ください。|海外FXお役立ちガイド

 

上のFXプラスのウェブサイトを見てみると、確かにメニューバーに「海外FX お役立ちガイド」と名前を付けています。
ずる賢いやり方でたしかに違法行為ではないけれど、ちょっと不誠実に感じます。

 

これは、海外FXお役立ちガイドと勘違いしてサービス利用した人とトラブルにならないのだろうか。
キャッシュバック金額は近いけど、キャッシュバック条件は異なるわけですし。。。

 

いずれにせよ、FX業者も紹介サイト(IB)も、信頼できる会社を使うのが得策だと思います。

Photo: Some rights reserved by Chris Blakeley

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中